Cath Kidston

未だ、由香さんが帰って来てないので洋服の 買い物に出掛けられません。由美さんは「由 香連絡してるのにもう少し待ってばかりだよ 。」と何度もこんな事を言ってます。少し 怒ってるかな・・・・。ほんと私の前では子供 です。 由美さんはイギリスのCath Kidstonのワンピ ースを 買いたい とずっと言い続けてます。凄く 欲しい様なのでそれを買う予定です。由香さん のは未だはっきりしません。 由美さんはパフェを作って食べてます。私の 分は半分既に食べられてました・・・。 由香さんの早く帰って来ないかな〜

No125

とりあえず本日の獲物はこいつやな。

投資がかさむよ

ぶどうは、とってない

いいね。

あとは光るだけ。

目標は、控えめで2500枚

出たらすぐ帰る

明日仕事やし

伝家の宝刀フル回し行きます。

ダウンライト風のLED照明って作れないのか?

「天井を最低でも100mm下げて欲しい」

 このように言われる事がある。天井が10cm下がれば当然部屋は狭くなるわけだが、なぜこんな依頼があるかといえば

「ダウンライトをつけるため」

なのだ。ダウンライトとは照明(特に電球類)が、器具ごと穴の中にスッポリ入った形の照明である。

「シーリングライトがあるならダウンライトなんて要らないだろ」

「こんなにそこらじゅうにダウンライトつけて電気代大丈夫なの?」

「この部屋暑いだろうな……」

とか色々思う事はあるのだが、パッと見はキラキラと明るくていい印象を与えるのかもしれない。

 で、そんなダウンライトを設置するために天井を下げて部屋を狭くするわけだが、私はずっと思っている事がある。

「ダウンライトをLEDで作れれば100mmも下げる必要無いのでは?」

ということだ。LEDには動作を制御する基盤がちょっとあるみたいだけど、電球の中に入る大きさなのであれば、30mmも懐があればきっと十分? ギュっと丸めるのではなく、平たい板状にすれば5mmくらいでもいけるんじゃないのか?とも思う。

 現在だと設置するダウンライトの径に合わせて穴を空けたりする必要があるが、LEDで器具自体の大きさが特に無いのであれば電線さえ通っていればあとはもうそれこそ貼り付けるだけみたいな工事で済むはず。一番重量のある基盤類は天井の中に入れてしまえばいいとして、発光部分はホチキスか両面テープで止めるような図工クラスの工事で済むんじゃないかな?

 もうちょっと話を壮大にするなら、天井を全部LEDモニターにしてしまえば、好きな位置に照明を移動させることすら出来るんじゃなかろうか? モニターならもはや照明じゃなくて青空を映せばすごい開放感が……? さすがに落ち着かないか?

 元々の考え方としては、

「デザインを優先して住みずらくしてどうすんの?」

っていうことなんですわ。そのほうが売れるっていうんだから仕方ない。そういう狭くて住みにくいはずのマンションを喜んで買う人が多いわけですな。

 この手の「え? 何これ?」とか「は? こんなんどうすんの」やら「何のためにこれあるの?」みたいなわけのわからない依頼は成金っぽい、最近小金持ちになったような人に多い気がする。また、この手の人々はとにかく狭量で、金は出さないくせに口は出すといった人が多く、大変面倒臭い。元・下町に建設されたタワーマンションの住人くらい面倒臭い。

 真の金持ちになると「こんな感じで。あとは任せた」って感じで、家財道具全て家に残したまま平気で工事やらせたりする。……家財道具全部養生したり箱につめたりするのは大変だったけど。娘さんの部屋もほぼそのままな上に、大金の入った封筒がポンと置いてあったりするのはどうかと思いますが、金持ちは住む世界が違いますわ。

もぬけの殻 アァ?やっぱり - りんごっこ劇場

平成30年9月18日(火) 

プレハブ小屋を事務所に 頑張っていたと思っていたが、

八月末日 気が付いたら、

 次の日には、跡形もなし

 アァ〜 やっぱり

女だてらにはったり人生 そういう人だからね〜

 きょうの万歩計  

お天気 - りんごとごまと私

 今日もお越しいただきありがとうございます

久々にスッキリとしたお空でとても気持ちがいいですね。 あまり曇や雨が続くのは嫌なのです。

子供の頃は雨でも嫌いではありませんでした。 それは傘をさすことができたからなんです。

家の前にはコンクリートの駐車場があり、そこにレジャーシートを敷いてみんなの傘を組み合わせるようにさします。

まるで小さな丸いテントのような感じでおままごとをしたり、秘密基地などと言いながら作戦会議をしてみたりと

遊んでいました そういえば今あまり子供が外で自由に遊んでいる姿を見ることが少なくなってきましたね

それとたいがい同じ学年同士での遊びでゲームばかり。私が幼い頃は上級生が小さい子の面倒をみていて、ここが危ないから気を

つけろとか、ここの細道は近道になるとかいろいろ教えてもらいました。

先日聞いたのですが、公園からブランコがなくなってきたと・・・なんでなのでしょう。 それは危ないからという理由でした。

むかし上級生に言われたことを思い出したのですが、ブランコの後ろの柵の中に入ったらだめだよ。ブランコの椅子の木に頭が

当たるからと。

今では遊び方を知らずに怪我をする子が多く、昔は小さい子がブランコの中に入ったら子供同士で気をつけてブランコをとめたり、

知らない上の子でも小さい子の面倒を見ていました。 そういうのってなくなってきましたよね。

それだから他人に興味がなくなって自分中心の生活になってきたのでしょうね。

あらあらお天気から脱線してしまいました また別の機会にお天気のお話をしましょう。

これは案山子かな? いやたぶん草もちの宣伝のお人形でしょうか。 可愛かったので載せてみました。